自己破産後のクレジットカード≪使える?作れる?≫

消費者金融や銀行に代表されるカードローンやクレジットカードは、カード1枚あればお金の借り入れや買い物が出来るため、私達の生活をより豊かにしてくれる大変便利な道具です。しかし、その便利さゆえについつい使いすぎてしまい、気が付いた時には返済が出来なくなってしまう状況に陥ることがあります。返済が困難な状況に陥る原因として、カードローンでの借り入れを重ねることによる利息の返済、そして毎月の返済を補うために別の借金を重ねていき、借金が雪だるま式に膨らんでしまう「多重債務」と呼ばれる状態に陥るケースが挙げられます。このような状態になってしまうと自力での返済は困難のため、法的に借金を帳消しにする「自己破産」と呼ばれる手続きを踏むのが一般的です。自己破産を行うことによって、全ての借金を法的になくすことが出来ますが、今まで使ってきたクレジットカードは全てカード会社に返還しなければならなくなります。また、自己破産を行う際に車や家など一定の価値のある財産は全て手放さなければならなくなります。さらに、自分の個人信用情報に自己破産をした事実が掲載されるため、この事実が消滅するまでのおよそ10年間、新たな借り入れが一切出来なくなります。もちろん、クレジットカードもこの期間中は新たに作ることが出来なくなります。自己破産は借金を法的に帳消しに出来る反面、様々な制約も生じてしまうのです。それでも、多重債務に悩まされている人にとっては最も有効な手段と言えます。