自己破産をしたら学資保険はどうなる? ※解約せずに済む方法は?

借金を返済をすることができなくなった場合は債務整理をして借金問題を解決していくことになるのですが、どのような方法でも借金を返済することができないという場合には最終手段として自己破産をすることになります。自己破産とは自分の所有している財産を提供する見返りに負っていた借金を免除してもらうことをいい、自己破産をすることによって借金から開放されることになります。

そして自己破産をする前に所有していた財産は基本的に提供してしまうことになるので、所有を失ってしまうことになります。そこで子供にかけている学資保険は解約しなければいけないのかということが問題になりますが、子供の学資保険を負担している人が自己破産を申し立てた人であれば、提供しなければいけない財産の対象になってしまいます。ただすべての状況で学資保険が処分されるのではなく、解約返戻金が20万円を超える場合に提供しなければならない財産の対象になるので、解約返戻金が20万円以下になるようにすれば、自己破産をしても提供する必要はありません。

そして自己破産をしても学資保険の解約を回避するためには契約者貸付制度を利用して、解約返戻金を20万円以下にしておくことによって可能になります。