自己破産の時効≪数年は影響あり≫

消費者金融からお金を借りて返済しなければ、お金を返すようにという電話がかかってきたり、はがきが送られてきますが、そういった督促も放置していると、まったく督促がなくなってしまう場合があります。もし、その状態が5年以上続いた場合、債務は時効になっている可能性があります。債務が時効になると、返済の義務がなくなるので返す必要がなくなります。
ただ、時効が成立するためには債務者が債権者に対して通知を送らなければなりません。これを時効の援用と言います。もし、債務が時効になる時間が経過していても、援用をせずに、債権者にお金を返済してしまったら、その時点で援用をすることは出来なくなります。もし、援用をするためにはまた5年待たないといけません。
なので、もし債権者からまったく連絡がない状態が続いて、突然、返済を求める通知が届いた場合、返済出来そうにないから自己破産をしようとするのは待った方がいいでしょう。自己破産が認められれば返済義務はなくなるので、時効の援用と同じことになりますが、自己破産をするためにはお金が必要になるからです。援用をするには債権者に通知を送るだけで、費用は郵便料金ぐらいしかかかりません。しかし、自己破産をするためには弁護士に支払うお金が10万円以上かかるのが一般的ですし、また、自分で手続きをするにしてもお金はかかります。勿論、時間もかなり取られてしまいます。そういったお金や時間を費やすのはもったいないので、時効の援用が可能かどうか必ず確認するようにしましょう。