自己破産の条件≪手続き前に読むページ≫

債務整理の1つに自己破産がありますが、これは借りたお金を返済できなくなった場合に、裁判所から借金の全額が免除されるもので、誰にでも認められるというイメージがあると思いますが、実際のところ認められるには、いくつかの具体的な条件があるでしょう。
その条件には、借金返済に充てるお金や資産が全くない場合や、すでに借金の返済が滞っている場合、借金の弁済能力がないと判断された場合でしょう。これら具体的な4つの条件が揃って、初めて自己破産の免除がされるのです。これらの条件が揃った方を、支払不能状態にある者と表しますが、この状態にある方だけが、自己破産が認められることになるのです。
ただ、例えば仕事がなくなり、自分で借金の返済が不可能だと決めつけた場合でも、裁判所がまだその人が働けて、返済能力があると判断した場合は、自己破産は免除にはなりません。
また仕事をしていて収入があったとしても、借金の額がかなり大きい場合、資産がなく、その収入だけでは返済は不可能と判断される場合もあるでしょう。
ですので、自己破産は決して自己判断では認めてもらえないものと言えるので、気を付けることが大切です。
従って、自己破産の判断はご自身では難しい場合もありますので、1度、弁護士の先生や司法書士の方にご相談するといいのではないでしょうか。そうすることで、現在の収入と資産から、具体的にどのくらいの期間で返済していけるのか、または不可能なのかを知ることができるでしょう。