自己破産後の借入はずっと不可能?いつかはできる?

自己破産後は、まずカードは持てなくなります。
生活自体の制限も入ります。
車も持てなくなりますし、住宅ローンも組めなくなります。
しかし、自己破産にはそれらを考慮しても多大なるメリットがあるのも事実です。

 

7年後には借入可能に

自己破産をすると、その情報は「信用情報機関」に登録され、
あなたは自己破産後7年間はカードを新たに作ることができなくなるどころか、
金融機関にてお金を借り入れることができなくなってしまいます。
しかし、7年経てば破産記録は情報から消去されることになっていますので、
それからはまたお金を借りることができるようになります。

 

借金の督促が来なくなる

自己破産をすると、弁護士からカード会社宛に
「この人は自己破産をしましたので、破産手続に入ります」
という通知がカード会社に送られます。
すると、そこから督促は止まります。
カードで借金をしている人にとって、督促が来なくなるということが
どんなにか精神的に余裕を持てるかお分かりでしょうか。
いつも電話に怯え、お金の支払いに苦慮する人は返済どころではありません。
借金の督促が来なくなるだけで、
人は精神的に不安になることなく、前を向いて進んでいけるのです。

 

自己破産は誰しもが陥りやすい罠です。
借りれば借りるほど、後戻りをするのが難しくなります。
よって、自己破産まで行く前にきちんと自分でお金の整理をつけることが大事なのです。

 

自己破産に関するおすすめ無料相談は
自己破産の費用.com」のページでご紹介しています。