自己破産後にローンを組みたい!可能? ※車ローン、住宅ローンなど

自己破産をすると数年から最長で10年間は新たなローンを組むことはできません。
そして、この年数は、ローンを提供する金融機関が利用しているデータ会社の記録保持規則によって左右されます。

金融機関は住宅ローンや車のローンの申し込みを受けると、顧客情報を審査します。
このときに利用されるのが信用情報機関と呼ばれる、個人の借金の履歴データを扱っている会社です。

一般的に金融機関は複数の信用情報機関と契約してデータのやりとりを行っています。
ここにはあなたの現在の借入残高、過去の滞納歴、自己破産の事実などが全て載っています。
過去に自己破産の記録がある人物のためにローンを提供する金融機関はそうそうないですから、自己破産をすると事実上ローンが組めなくなるというわけです。

ただし、信用情報機関はデータの扱いについて規則を定めており、一定期間が経過したデータは抹消するように定められています。
自己破産については会社によって異なりますが、5年か10年がデータ保持の期間となっています。
よって5年から10年待たないと、自己破産の記録が消えないために、ローンを組むことができないのです。

ただし、こうしたデータはあくまで審査の参考にされるだけということも覚えておきましょう。
よほど安定した職業に就いていて一定の高収入があるという場合には、その期間内でもローンを組めるということがまれにあります。
ネットなどで自己破産後数年でローンを組めたという意見があるのはそういったレアケースです。