無職の自己破産は無理ですか?

お金を借りていたけど、無職になってしまい、返済できなくなった場合にはどうすればいいのでしょうか。そのような場合には自己破産をお勧めします。債務整理には他に、任意整理や特定調停という方法もありますが、こういった方法は、あくまでも一定期間内で債務を完済しなければなりません。無職であるということは、それが不可能なわけですし、特に売却する家財道具などもない場合には自己破産がベストです。
自己破産の場合は他の債務整理と違い、一部の仕事、たとえば金融業や士業などの場合は、一定期間仕事に就くことができなくなります。しかし無職であれば、その心配ももちろんありません。弁護士や司法書士に依頼して、書類を準備して手続きを進めるようにしましょう。しかし、無職であるため弁護士や司法書士の費用を払うのが困難という場合には、法テラスでの相談をお勧めします。これを利用すると、一時的にではありますが、費用を立て替えてもらえますので、その分は後で返済すればいいのです。
また、免責が下りた後は、普通に就職活動もできますし、もちろん、賃貸物件を借りて住むこともできますので、何ら心配する必要はありません。自己破産の場合は官報に氏名が掲載されますが、これを見る人はごく限られていますし、また、債務整理をしたことがその後の就活に影響することはまずありません。ただ、自分がお金を借りていて、自己破産の対象になった企業、あるいはその関連会社などは、避けた方が無難でしょう。