自己破産のおすすめ司法書士は?≪後悔しない!≫

様々な事情によって自己破産をしなければならないときには、自分でするよりも司法書士に依頼した方がスムーズに手続きが進むのでおすすめです。

司法書士に自己破産の依頼をした場合、面倒な書類作成を行ってくれます。
破産の免責成立までは半年以上はかかり、居住地管轄の地方裁判所に申立てる事になります。
簡易裁判所での訴訟代理権しか許可が司法書士はされていないので、申立てなどの手続きは自分で行うことになります。

基本的に、裁判所を介さない任意整理や簡易裁判所で行う特別調停での交渉権と代理人制度があり、自己破産だと書類作成代理人の作業を行ってくれます。
弁護士は、破産申立人の代理人制度を利用出来ますが、その分費用がかかってきます。
一方、代理人は出来ませんが申立人本人が裁判所に出向いて書類提出や裁判官との面談が出来るなら、面倒な書類作成だけを依頼した方が、費用も安くなります。

また、おすすめなポイントとして代理人だけは出来ませんが、申立人がスムーズに手続きが出来るように破産申し立てから免責審尋を経てから許可を受けるまでの作業のサポートはしてくれるので、安心して任せることが出来ます。
近年では、司法書士が手続きに不安がある申立人の付き添いをして、毎回の審尋に同席できるようになっていて、精神的にも支えてくれるので安心です。

そして、最もおすすめな点としてはやはり弁護士よりも依頼費用が安いことです。
司法書士事務所では、24時間365日メールや電話での無料相談を行っています。
最初から依頼する必要もないので、まずはメールなどで気軽に問い合わせしてみるとよいでしょう。