浪費やギャンブルで自己破産するのは可能か

自己破産をする事によって借金を帳消しにしてもらう事が可能です。
その為、返済が困難になってしまった時に手続きがされる事もありますが、ただしギャンブルが原因で浪費してしまった時には免責の許可がされないと決められています。
しかしながら、ギャンブルによる浪費ですと100%免責許可が下りないという訳でもないのです。
時には事情を考慮してもらう事によって免責許可が下りる事もあります。
これは裁量免責と呼ばれていますが、裁量免責の実例というのは少なくありません。
つまりギャンブルで浪費してしまった時でも自己破産の手続きができる可能性があるのです。
では裁量免責の為にはどんな事情が影響するのかと言いますと、例えばギャンブルをしていた頻度や金額、その他にも債務額や債務者本人の生活態度、反省具合、更生の可能性などをチェックされる事になります。
これらの事情を総合的に判断し、裁量免責に該当すると認定された際にはギャンブルが原因だろうと自己破産を行う事ができます。
その為、ギャンブルが元で借金問題を背負ってしまった場合でも、簡単には諦めずに司法書士や弁護士に相談してみると良いでしょう。
因みに自己破産の手続きをする為には費用が必要になりますが、一切の貯金が無い時には法テラスに相談してみるのも一つの選択肢です。
手続きをする為の費用を融資してもらう事もできますので、手続きをする費用すらない時には相談してみると良いでしょう。