自己破産後の奨学金≪利用不可能?≫

奨学金は、大学などに通うときに借りられるお金のことですが、当然返済の義務はあります。
ただ、自己破産をしたときには、他の借金と同じように免責の許可がおりれば返済の義務はなくなります。

奨学金で最もやっかいなのが、家族や親せきが連帯保証人になっている場合です。
債務者は自己破産をして返済義務がなくなっても、連帯保証人にには支払の義務が残ってしまうので、今度は保証人に残額の請求がいきます。
そのため、保証人も支払えないときには、債務者と一緒に手続きを行う必要があります。
また、保証人がいるときには自己破産の前にそのことを保証人に相談します。
病気や、経済的事情など正当な理由があるときには、一定期間返済が猶予されるのでその手続きをするのも大切です。

両親が自己破産をしていた場合は、基本的には子どもは奨学金を利用出来ます。
ただ、自己破産をするとブラックリストに登録されるので、奨学金を借りられても両親が連帯保証人になるのは難しいです。
他にも、緊急採用と応急採用という奨学金もあり、失職や破産、事故、病気、死亡など、または火災や風水害などの災害または学校の廃止などで修学に必要な費用が増加して家計が急変し、緊急に必要になったときに利用出来るものもあります。

現在、大学などに通うのも多くの費用がかかりますから、奨学金は大いに活用させた方がよいです。
ただ、就職難といわれていて実際、返済に困った学生が支払いが出来ずに破産手続きを行うことも少なくありません。