自己破産のシュミレーション≪匿名無料でチェック≫

自己破産は、任意整理と違って弁護士に頼んで債権者と交渉してもらって、和解条件に従って返済すれば終わりという簡単なものではなく、準備段階では裁判所に書類を提出したり、あるいは実際に裁判所へ行ったりしなければなりませんし、認められれば官報に破産者として個人情報が掲載されるというリスクがあります。なので、自己破産を行う場合は、そういったことが生活していく上でどのような影響を与えることになるのかシュミレーションするようにしましょう。
たとえば、裁判所に提出する書類には家庭の収入と支出状況を記した家計簿が含まれます。個人の収入と支出ではなく、家庭全体の支出なので家族にも協力してもらわなければいけません。なので、もしそれまでは借金のことを隠していたなら、借金のこと、そして自己破産をするということを言わなければならないのです。それを伝えて、破産後も家族としてやっていけるのかどうかをシュミレーションしなければなりません。
また、官報に個人情報が掲載されるリスクですが、一般的に官報に載ったとしてもすぐに近所の人や実家の家族などに伝わるということはありませんが、もし、なんらかの個人調査をされたらばれてしまう可能性はあります。たとえば、結婚をするということで相手の親に身元の調査をされた場合、自己破産をしたということが知られてしまうことがあり得ます。その場合、どう説明するのかと言うこともシュミレーションしておかなければなりません。