自己破産とは?≪初心者向け簡単解説≫

金銭的な問題に直面した時に執る最終的な手段として自己破産があります。多くの方は、自分の借金を帳消しにすることができる代わりに自分の全財産を失う方法、という理解なのではないでしょうか。もちろん、おおよそは正解なのですが、大きな誤りがあります。まずは、自己破産とは借金を帳消しにすることができるものではありません。支払いの義務がなくなるだけであり、借金したという事実は消えてなくなることはありません。ですから、どれだけの負債が残っているのか、という記録はしっかりと残存しています。その支払いの責任がなくなっただけです。ですから、自己破産とは何か、ということをしっかりと理解せずに、最悪の場合には自己破産すれば問題ない、という甘い考えを持っていると、大変なことになる場合があります。そして、全財産を失うということですが、それも大きな誤りです。自己破産とは、借金の支払い能力がない場合に、法的手続きによってその金額を免ずるのですが、その時に没収されるのは、20万円以上の価値のある商品と99万円以上の価値のある資産のみです。ですから、洗いざらいのアイテムをすべて没収されるわけではありません。自己破産する方法としては、弁護士に相談して手続きを踏んでいく、ということになります。方法自体はシンプルですし、自己破産手続き自体には費用は必要ありませんが、その分の弁護士費用は当然発生します。解決が長期化してしまうと、その分費用もかなりかさんでしまいますから、短期的に決定してしまったほうがよいでしょう。